-- お知らせ--
■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2024年07月 次月>>
■新着記事■
■カテゴリー■
■アーカイブス■
■リンク■
■For RSS■
-- PR --







インターミッション
閑話休題、、
ローバーKシリーズ独特の特徴ですが
そのユニットが
1.4→1.6(ボアアップ)
1.6→1.8(ストロークアップ)
したことで
基本設計が軽量コンパクト
の割に大きな排気量
なエンジンとなるのですが

120馬力~195馬力という
多様なエンジンバリエーションから
エリーゼ以外
本家MG含め、ケータハムや
その他英国のガレージビルダーには
供給されやすいかして
思った以上にコアな専用設計な部品が出ています。

その中で管理人が目を付けたのは
フルコンであり
ハーネスがノーマル準拠で
基本セッティング(データー)入力済み?な
エメラルドです。。

エメロード

ただ、S1では
カプラーそのままでポンズケ出来るのですが
S2では、改造必要?だとか。。
でも、安いから興味もありポチッとバスケットにいれちゃっいました。
今まで、ハードの変更は
エンジン含め、いろいろやってきましたが
正直、マネージメントはさっぱり、やった事がありません。
さすがに、エクシージで動かすには
リスクが高すぎますが、ノーマルKなら
それなりに、大丈夫かな?なんて、、
でも、ある程度使いこなす為に
最低、ワイドバンドなO2センサーつけて
空燃比くらいはモニターしなきゃなりませんね。

最近のフルコンは、O2センサー付けて
走り回ってると、学習してマッピングを書き換えていくらしいけど
それはそれで、何だか?結局マネージメントが
ブラックボックス化してるみたいで
自分の望む、学びたい的な弄りたい的な衝動とは合致しません。
合理的に、結果だけを望むならそれでOKですけど、、完全に子供のおもちゃですね。

エリパの説明はざっくりしすぎて
PCで扱えるくらいしか書かれてませんが
OSはたぶんウインドウズ上で動くんだろうな~
さすがにマックってことはないだろうけど、今時DOSってこともないだろうし、
反面、ぶっ飛びすぎて、Ubuntu って事も考えられないなっ(Linux 得意だから良いけど…)
到着はまだだけど、当分楽しめそうです…




| エリーゼモディファイ | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑