-- お知らせ--
■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2021年12月 次月>>
■新着記事■
■カテゴリー■
■アーカイブス■
■リンク■
■For RSS■
-- PR --







高野龍神スカイライン
GW中、混雑するのが嫌で引き篭もってましたが
真っ只中の3日に
ツーリングのお誘いを受け、天気もよさげなので
行くことにしました。

コースは、世界遺産となった高野山に上る観光客を避ける意味も兼ねて
龍神村から北上する通常とは、逆コース。
集合は、海南IC近くのコンビニにAM8時集合。

秘密ガレージからだと
高速を使って2時間程度
でもこれだと面白くも何とも無いから
5時に出発して
湾岸の高石ICを降り、下道で高野街道、橋本を抜け
24号経由海南のワインディングにとんだ道で行くことに

冬と違い、日は完全に昇っていますが
山間部特有の、谷間の影で程よい明るさ。
気温も低く、非常に気持ちよく走れます。
ゆったりしたペースでも、エリーゼは運転していて楽しい!気分になっちゃいます。
外環状線から371号経由して
高野街道に入る頃
視界の隅に、変わった形のクルマが映りました。
あれは、、、
と思い、ギアをひとつ落とし接近を試みます。
幸い、2つ先の信号で視界に捕らえ
その先、ワインディング部分にて追いつくことに成功。
追いつくと、やっぱり、それはロータスで
しかも、その中でも珍しい、211でした。

211

しばらく、後から眺めながら
峠を越えた次のマクドナルドに、211が停車したので
後について、駐車しました。
降りて、少しお話しましたが
さすが、211のオーナーさま。
ロータスもこれ1台じゃなく
レアもののS1を所有されてるとの事。
また、全てのメンテナンス&チューニングを、かの有名なTKスポーツさん
でなさってるとの事で、
どういったショップさんなのか?教えていただいたりしました。
211もTKさんのGTアームやショックがフル満載で
大変興味深く拝見できました。(溶接のビードなど丁寧なモノ造りです)
お話を聞く限り、職人気質なお店みたいで
好印象を持ちました。
話はつきませんが、いつまでもお引止めできないんで
3~40分くらい話して
このオーナーさまの目的地も、龍神スカイラインなので
また、あちらでお会いできたらその時またってお別れしました。

そして、そのまま集合場所に向かい24号を和歌山に向かい西進。
名手を越えた辺りで電話が入り
これからご一緒するt.t.a さんから
「信号待ちしてたら、前を通り過ぎた」
との電話。偶然とは言え、出来すぎです。
先のガソリンスタンドで給油ついでに合流して、そのまま、2台で海南までツーリング。

海南のコンビニで、オールドミニ3台とレクサスIS-F、AW11の計6台で
国道424を龍神村に向かいます。
今回のルートで唯一、すれ違いや
路面が悪いのが、海南から有田に抜ける峠道で
僕らは、黒沢ハイランドコースと呼んでます
普段、地元の人しかめったに使わない狭い峠道ですが
近年の、阪和道の湯浅トンネルの激しい渋滞からか?
他府県ナンバーもちらほら。GWだと言う事が実感できる嫌な予感です。

40分ほどで、この峠を抜け
あとは、日高川にそっての信号の全く無い道をひた走ります。
でも、普段と違ってクルマ多い。。
機会がある度、人様に言えないスピードで追い抜きをしつつ
スポーツドライビングを楽しみますが
抜かしても抜かしても、いくらでもサンデードライバーが湧いてくる感覚です。
それにしても、エクSは早い。ギアが1つ違う感覚です。
特に4000回転以下から踏んだ時は、全く追いつく気がしません。
IS-Fはこの狂気なツーリングで唯一ついてきてくれましたが
助手席に妊婦さんが居たので、この人の方がよっぽど狂気だと途中思いました。



続きを読む ≫
その後は、
一部区間、警察車両の先導を受けるも?
龍神温泉でペースカーはピットイン。
この先、20キロほどの山坂道をエクSと共に駆け抜けました~
実際は、ちぎられそうでしたが、手加減してくれたみたい、、
exs
護摩壇まで上ってくると、さすがに人が多いです。
特にバイクが…
関西のメッカと言われてるだけに
種類も数も、若者のクルマ離れって何?て言うほど賑わってました。
でも、きっと少ない群体が集まって大きく見えてるだけで
やっぱり、バイク乗りは、世間からは、マイノリティなんでしょうね。
まあ、エリーゼなんかの趣味クルマも集まる時は
全国から800台なんて集まりますが
普段、ほとんど見当たらないですものね。それと一緒かな?

護摩壇山からの下りは
ファミリーカーが多く、とてもペースがゆっくりですが
ここまでで、お腹いっぱい。だから、あえて抜かさず、20キロほどのワインディングの景色を楽しみました。
そして、高野山
世界遺産だから?それともGW?
僕らは下りだから良かったけど
今から上がってく人は、奥の院につく頃には
昼超えてますよっ!て程の混雑ぶり。
お金もかからず、お手軽にいける場所は人だらけなのは、仕方ないか~
高野山
西高野街道を抜け、帰途に着きます。
昼過ぎ、t.t.a さんまえガレージに到着して
ご近所の友達宅でBBQ。飲んで食べて、休憩して。
BBQ
すっかり夜も深まり、午後10時を回った頃帰路に着きましたが
エリーゼで葛城山を越えるのは初めて。
普段なら、橋本か犬鳴で帰るとこですが
しんどさも手伝い、最短ルートをチョイスしました。
結果。
山越え20分、そこから自宅まで15分と最速タイムにて帰れました。さすがエリーゼ。



≪ 続きを隠す

| ドライブ | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑