-- お知らせ--
■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2022年01月 次月>>
■新着記事■
■カテゴリー■
■アーカイブス■
■リンク■
■For RSS■
-- PR --







E87、130のトラブル
そろそろ本格的に暑くなる7月1日に事務所兼自宅のエアコンが作動しなくなり
価格コムで調べた在庫あり2.8KWタイプのエアコンを購入しに日本橋まで出かけました。

動かないエアコンは、時たま思い出したように動いたり、動かなかったり
どうやら、室外機との信号のやりとりがおかしいようで
ググると、基盤交換(1万円~技術料7,000円~)と馬鹿らしく
素直に、新品を税込58,700円で買いました。
取付はもちろん、自分で。
クルマの整備、修理に比べたらあまりに楽勝!な作業です。

そして、エアコンを受け取り
帰り道で、家族から電話が鳴ります。
家族「BMWなんやけど、、」
私「どうしたん?」
家族「走ってたら、オーバーヒートの恐れがありますので止まってくださいって
ディスプレーに出たんだけど?このまま走っても良いのかな?」
私「いや、ダメでしょう。最悪エンジン壊すかも?今何処」

聞けば、私の居る場所から数キロの場所。
路肩に停めてもらって10分程で駆けつけました。
到着して、先ずは下回りを覗き込み、クーラントが滴ってるか確認
何もありません。
ボンネットを開けて、目視。
クーラントの甘い匂いもしませんし、先日オイル交換した時のまま
エンジンルームは綺麗な状態です。

ここで、一安心して
多分、センサーが誤動作したか?それともエミッション関係の警告だったのじゃ
ないのと甘い判断(実際警告見てませんし、、)
とりあえず、家まで5キロほどだから一緒に帰る事にしました。

走ること数百メートル、信号待ちで後ろからなにやらバッテンのジェスチャー
降りて駆けつけてみると
見事にディスプレーにオーバーヒートの警告が、、
これは、とりあえずダメだ。
そして、また、路肩に停め
再度エンジンルームを確認。
エアコンオフで、電動ファーンが最強で回ってる。
これぁヤバイ。
でも、エンジンは触れるほどの温度だし、熱気もそんなに高くない。
反面、ホースをつまむと柔らかい。
これは、サーモが開いてない。もしくはウォーターポンプだ。
どちらにせよ、走って帰れる状況では無くなった。

先ず、購入店の阪神BMWに電話。
今までの経緯を掻い摘んで説明すると
私と同意見。良くない症状だから、積車を用意するとの回答。
ただ、急なので出払ってる(もしくは他の店から借りてくる)ので
2時間ほど待って欲しいとの事。
それなら、ここから自宅ガレージまで
数キロだから、一旦JAFに運んでもらいますので
自宅に取りに来てください。
その方が、路上で待つより家族も安心だから。
と、40分ほどで来てくれたJAFに自宅まで運んでもらい
その後、ディーラーに引き渡した。

ところで、家族のクルマは
E87、130で

130

現在、管理人が日常の足として使ってる
E46が古くなったので購入したまだ新車から4年ほどの現行最新車種だ。
位置づけ的にはもちろん、46の次世代なのだけど
技術的な進歩と言うか、チャレンジは
2世代以上の開きがあると感じる。
というのも、BMWはボッシュと制御関係で手を切って以来
技術的にやりたい事を全てマイチェン含め行っており
制御は全てワンチップのCPUで行い
ステッピングモーターを駆使して
水温管理から最適な燃料制御。果てはドライバーのスロットルや
ブレーキまで干渉している。
その結果、当然のように
デリケートな電子パーツが過酷な環境(温度、湿度、振動)で
壊れるのだけど、この寿命が思った以上に短い。

家族の130も、今回の走行不能を含め
事前に予兆があり交換した重要パーツは
この4年で、
1、ATFの樹脂製オイルパンの変形による交換。
2、ステアリングコラム(キーロックの電子化による不具合アッセン交換)
3、電動格納ミラーのアッセン交換(折りたためなくなる)
結構な頻度ですが、いずれも
ドイツ的、エコで何でもかんでも、樹脂製環境に優しいパーツにした為や
生産効率を上げるため、非分解式の一体型ユニットにした事で
一部電子パーツのみおかしいのに交換出来ない(アッセン交換しかできない)
そんなところが、要因であるみたいです。

今回も、2日ほどして判明したのは
どうやら、電動ウォーターポンプが作動していなかった事が原因でした。

基本、3年を過ぎるとメーカー保証は切れますが
今回、担当者さまの好意で、BMWジャパンと交渉して頂き
走行距離が短い点と、重要パーツのあまりに短い寿命で
工賃のみで修理して頂けました。ありがとうございます。

積車で運ばれ4日目。

hanshin
阪神BMWを訪れ

クルマを引き取りました。
その際、件のポンプを拝見。

pump
pump

非常にコンパクトで
効率がよさそうな形状をしてます。
メーカーは、ドイツのPIERBURG社個人的には聞いたこと無い会社です。
クレーム扱いだから、交換したパーツはジャパンに送られるので
分解出来ませんでしたが、作り的に
シャフトのシールからモーターに漏れると
行き場が無くなるような設計だから
内部で漏れが発生したような予感がしますが、分解出来ないから原因は不明のままです。

何にせよ、大事に至らなかって良かったと言う事にしておきましょう。
最悪、ガスケット抜けてエンジンOHになってもおかしく無いからね。





| その他 | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑